その人らしさが出るウェディングの衣装

ウェディングで失敗しない衣装を選ぶためには?

ウェディングでの花嫁の衣装は最初は自分の好みや夢から入ると思いますが、その人が持つイメージや、体型、身長などがドレスの形に大きく影響します。
私は身長が165センチ、式場のドレスを試着した所、ほとんどが160センチ前後くらいの身長の方を対象にしておりドレスに合う靴が三センチくらいのヒールしかないという事になり、オーダーメイドでドレスを作る事にしました。
まず身長とヒールを入れると173センチくらいの高さになると想定し、年齢や顔などでマーメイドかソフトマーメイドがいいだろうとなりました。
結婚式のコンセプトや会場のイメージなども考慮してどういう自分だったらいいだろうとシュミレーションをしました。

海外のウェディングのサイトや、画像を検索してマーメイド系の衣装を集めてさらに自分が着れそうなスタイルを私の場合はフォトショップで合成して作っちゃいました。
それを元にオーダーメイドを頼んだ会社へ依頼して実際の型をおこしてもらいました。
型が出来た所で靴やアクセサリーとも合わせながらドレスを作っていくと完成予想図がどんどん出来てきます。
もちろんブーケもドレスの形によって違ってきます。
シャープなドレスに大きな丸っぽいブーケはあいません。逆にAラインと言われているものには小ぶりなブーケの方が合います。
もちろんアクセサリーも重要で何もネックレスだけにこだわるのではなく、ブレスレットに重点を置いてもキレイですし、挙式はネックレスとイヤリングをパールにして、披露宴はブレスレットと髪の毛の飾りとイヤリングにこだわるなどドレスを生かしたオシャレが出来ます。

Copyright (C)2017その人らしさが出るウェディングの衣装.All rights reserved.